新婚希望タウン分譲価格

こんにちは〜大韓民国の多くの方々がマイホーム作りを目指し仕事をしておられます。それにもかかわらず、物価はどんどん高騰のに給料はそのまま暗たる現実のために簡単に達成難しいのがマイホーム作りです。だから今日は、このような新婚夫婦に良い国家福祉政策の一つである新婚希望タウンローン条件について調べ資格と条件についても調べる時間を持ってみようとします。

新婚希望の町?

新婚希望タウンは、新婚夫婦のために建てられた公共住宅です。育児や保育をするに良い環境で建設をした後、教育と健康、安全に最適化された住宅サービス空間として造成された場所です。国でサポートしている制度であるだけに利点が多く、新婚夫婦が住みよい環境であるだけに人気の商品です。

新婚希望タウン入居資格

新婚希望タウンローン条件入居資格は分譲型と賃貸型に分けられるが、以下の通りです。

[分譲型]

1)新婚夫婦:結婚期間が7年以内に結婚した無住宅世帯のメンバーは、公告の日に基づいて結婚している人です。

2)予備新婚夫婦:婚姻計画の1年以内に婚姻事実を証明できる人

3)片親家族:6歳未満の子供を持つホームレス世代のメンバー

(共通基準)

(1)公告日から公告まで無住宅メンバー

(2)住宅請約総合貯蓄:加入6ヶ月経過、納入認定回数6回以上

(3)所得基準:都市労働者の月平均所得は前年世帯当たり120%以下

(4)総資産基準:294,000ウォン以下

(5)住宅ローンの加入基準:住宅価格が総資産基準を超える住宅を供給された入居予定者は、入居するまで新婚希望タウン専用住宅ローンの長期ローン商品に住宅価格の少なくとも30%以上加入すること
[賃貸型]

(幸せ住宅の場合)

新婚者:結婚期間が7年以内に無住宅世帯のメンバー

2.新婚夫婦の予備:結婚を計画しており、結婚の事実を証明できる人

3)片親家族:6歳未満の子供を持つホームレスの世代のメンバー

(1)入居者貯蓄:本人または配偶者1人が入居するまで加入事実を証明

(2)所得基準:前年世帯当たりの月平均所得都市労働者の100%以下

(3)総資産基準:28万ウォン以下

(国民賃貸住宅の場合)

新婚者:結婚期間が7年以内に無住宅世帯のメンバー

2.新婚夫婦の予備:結婚を計画しており、結婚の事実を証明できる人

3)片親家族:6歳未満の子供を持つホームレスの世代のメンバー

(1)入居者貯蓄:加入6ヶ月経過、納入認定回数6回以上

(2)所得基準:前年世帯当たりの月平均所得都市労働者の70%以下

(3)総資産基準:28万ウォン以下

入居者選定方式

新婚希望タウンローン条件を見ると、入居者選定方式も分譲型と賃貸型が分かれています。

[分譲型]

1.ステップ1:30%

結婚2年以内に新婚夫婦,新婚夫婦,2歳以下の子どもを持つ片親家族に,加点制で優先供給(ステップ1は加点制で対象者を選定するため,本人のスコアが何点かを確認することが重要である)。

2.ステップ2:70%

ステップ1の落参者、婚姻 비대면폰테크 2年超過7年以内に新婚夫婦と3歳以上6歳0以下の子供を持つひとり親家族に加点制で供給(ステップ2も加点制で供給者を選定するんですが、同点者が生じる時に推薦を通じて対象者を選定します)。

[賃貸型]

賃貸型の場合幸せ住宅は周辺相場の80%、国民賃貸の場合、周辺時代の6-80%水準で居住期間は子供がいない場合は、6年、ある場合、10年です。

新婚希望タウン分譲価格

分譲価格は周辺相場より安価に供給することが原則ですが。ローン商品の場合、新婚夫婦の住居費負担を減らすために1%台のローン商品をヨンゲしています。

[分譲型]

新婚希望タウンローン条件分譲型の融資限度は、住宅価額の70%以内、最大4億ウォンであり、1年据え置き19年あるいは1年据え置き29年元利金均等分割返済が原則です。金利は年間1.3%です。

[賃貸型]

賃貸型の場合、最長10年間賃借保証金の80%の金額を最低年1.2%までサポートします。これは支えローン金利基準で算定されたもので、もし支え金利が変動する場合、新婚希望タウン貸出金利も変動します。

에 발행했습니다
Uncategorized(으)로 분류되었습니다

댓글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다